無料ブログはココログ

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月29日 (火)

川西亭

久しぶりのランチネタ。

今日のランチは妻と2人で高松へ。

栗林小学校すぐそばの「レストラン川西亭」へ。

川西亭

外観からは、おおよそここがレストランだとは思いもつかない雰囲気。

案の定、一度は通り過ぎてしまいました。

しかし中へ入ってみるとビックリ

古民家をリフォームしたような造りで、とっても雰囲気が良いんです。


ランチメニューは1,500円のコースのみ。(メインは魚or肉を選べます。)

私達が行った時にはメインの魚料理が売り切れになっていたため、肉料理を注文。


前菜  自家製鴨のテリーヌと温度卵のトマトソース

川西亭

スープ

川西亭

メイン チキン南蛮

川西亭

デザート

川西亭

全部美味しかったけど、特に前菜のテリーヌはメチャ美味でした。

川西亭

難を言えば、駐車場がないため近くのコインパーキングに車を停めなくてはいけないことくらいかな。

でも、味・接客ともにとても感じが良いのでオススメのお店です。

2013年1月28日 (月)

志願の初登板

27日、息子の少年野球は今年初の練習試合を行いました。

相手は「善通寺キッズ」さん。

午後から2試合行われました。


第1試合は仕事の合間に少ししか観戦できませんでしたが、どうやら攻撃面(特に走塁)に課題を残したようで、試合後は別グランドで徹底的に走塁練習を繰り返していました。


第2試合は、シニアチームに所属している息子たち3人の3年生と、先発投手の4年生1人が、全員3年生のジュニアチームに加わり試合に挑みました。

何とも言えぬほのぼのとした雰囲気…。

2年前の初めての試合を思い出す、驚きと笑いに包まれた試合になりました。

先発は4年生のSYUN。

1イニングを危なげなく投げ終え、後はオール3年生の布陣。

2番手はジュニアチーム期待の左腕HIKARU。

エラーもあり失点はしましたが、上々の出来で1回を投げ終えました。

最終回となった3回のマウンドは、シニアチームから参加のITTO。

志願の初登板です。

最近メキメキと頭角を現している豪腕です。

自慢の速球で打者2人を連続三振に奪りました。

ここで監督がベンチから出てきてピッチャーの交代を指示。

「ピッチャーYUTARO。」



予想もしなかった起用に驚きを隠せない私…。

「ストライクが入るんやろか…。」と心配する私を尻目に、ニヤニヤと笑顔を浮かべながらマウンドに上がる息子。

受けるキャッチャーは0歳児の時からずっと一緒のRYUKI。

“城辰バッテリー”の誕生です

注目の第1球はワンバウンド。

ITTOの後だけに、へなちょこボールに見えます…。

初めての打者は結局死球で出してしまいましたが、2人目の打者は得意の“ナチュラルフォーク”で三振に仕留め、無事初登板を終えました。

試合を指揮した総監督に試合後に息子の初登板のことを伺うと、どうやら自分から投げさせて欲しいと言ったらしく、志願の初登板だったようです。

試合のほうは、初回から大量点を奪った飯山が勝利。

まぁ、この試合に勝ち負けはどうでもいい感じですが…。



帰宅後、息子に初登板の感想を聞くと、

「まあまあかな。」

とのことでした。


今年の初試合は勝利を収めましたが、来週はホームで強豪「金山」さんとの練習試合。

秋の県大会で敗れた相手だけに、気持ちを入れ直して戦って欲しいものです。



本日のYUTARO

vs善通寺キッズ

第1試合 6番レフトで出場

1.四球
2.送りバント
3.四球

第2試合 4番セカンドで出場~ピッチャーへ

1.レフト前タイムリーヒット
2.ショート内野安打
3.三振

 

2013年1月24日 (木)

ドリームキッズ

昨年末、ケーブルTV「中讃テレビ」が息子の少年野球チームに取材に来てくれました。


番組名は「ドリームキッズ」。


今月放送されました。


5分ほどの番組でしたが、監督の話、選手達の好きな練習やプレーなど、日頃の練習の姿が映っていました。


選手それぞれの将来の目標を話すコーナーでは、


「プロ野球の○○選手のように、たくさんヒットを打てるようになりたい。」


「○○投手のように三振をたくさん取れるようになりたい。」


「甲子園でホームランを打ちたい。」


というコメントが多かったようです。


うちの息子は、


「巨人軍の長野選手のように、“走攻守”何でもできるようになりたい。」


と言ったようです。


長野選手みたいになりたかったら、もっともっと練習しなきゃいかんな~。


中讃テレビ取材班のみなさん、ありがとうございました。

2013年1月21日 (月)

サインプレー

冬場の練習でワンランク上の野球を覚えるため、最近の練習ではもっぱら「サインプレー」の練習に時間を割いている息子の少年野球チーム。


少しづつですが、形になってきているようです。


攻守両面で色々な状況を想定してやってますが、個々の技術の差や理解度によって決まったり決まらなかったり…。


強豪チームとの対戦になると、1点の重みがグンと増してきます。


レギュラー争いも、この「サインプレー」の理解度や決定率が決め手になってくることでしょう。


難しい練習ですが、これができるようになればもっと野球が面白くなってくるはず。


春には去年とは一味違う「飯山野球」が観れることでしょう。

2013年1月17日 (木)

Wi-Fi

我が家に「Wi-Fi」が付いた。


「だからどうした。」と言えばどうという事はないんだが…。


とりあえず子供たちは喜んでいるようだ。


長女はウォークマン、次女と息子は3DSやWiiでの楽しみ方が一気に増えたから。


便利になったものの、今以上にゲームにハマって行くんじゃないかと…。


きちんとするべきことはして、ルールの下に楽しんでもらいたいものだ。

2013年1月15日 (火)

新人戦

ジュニアバレーの「OHK杯新人戦」の丸善仲予選が14日に行われました。

我が「城辰」も、県大会の切符を掴むべく5年生以下の新チームで参戦しました。

ここ数年、身長の差に苦しめられてきた我がチームですが、今年の新チームは例年にも増して小粒。

決定力で劣る分、レシーブ力が鍵になると思われます。

予選ブロック初戦で「郡家」さんに敗れ、予選通過にはもう1敗もできない状態になってしまいましたが、「城東」さん、「榎井」さんに勝って何とかグループ2位でトーナメントに進むことができました。


新チーム初めての公式戦ということもあってか、緊張気味の選手達。

試合経験の少ない選手も多く、声もなかなか出ません。

盛り上がりに欠ける中、先発出場した4年生2人の頑張りは素晴らしく、監督曰く「4年生中心のチーム」とまで言わしめるほどの活躍。

難しいボールにも必死に食らいついて行く4年生に影響され、徐々に5年生もエンジンがかかってきたようです。



トーナメント初戦は「城南」さん。

前日の練習試合では高さのある攻撃に圧倒され、全く歯が立たなかった相手です。

しかし、全員が一丸となって気持ちを前に出し、終わってみれば2-0でストレート勝ち。

県大会の切符を掴み取りました

試合をこなしていくうちに、どんどん成長していく選手達。

ほんの数時間前とは全く違うチームに変貌しました。

準決勝の「善通寺市」さんには1-2で惜しくも敗れましたが、結果は上々。

新人戦

胸を張って県大会へ行きましょう


すべての試合が終わり、選手たちが帰宅したのは午後8時半頃。

早朝から最後まで緊張感を保ち続けるのは小学生には大変なことだったでしょう。

しかも翌日は学校。

小さな子供たちにはかなり過酷な日程だったかも…。

「もう少し余裕を持った日程になればなぁ。」と思う次第です。

2013年1月 7日 (月)

恒例の山登り

我が家の正月恒例行事、三木町の「トレスタ白山」でのアイススケート。

そこでは、もう一つの恒例行事があります。

私と息子の「白山登り」です。

恒例の山登り

標高は203mと高い山ではありませんが、登山道はかなりの急勾配で、足元の悪い所も多い、登るには結構しんどい山です。

息子には格好の自主練習場所かも…。

恒例の山登り

息子の少年野球も5日から練習が始まり、また戦いの日々が始まりました。

壮絶なサーキットトレーニングの日々が続きますが、この冬場のトレーニングを乗り越えて、春には“大輪の花”を咲かせて欲しいと思います。

2013年1月 4日 (金)

神野神社で年明け

大晦日、紅白歌合戦も終わりを迎えた頃から家を出発。

向かった先は郡家町にある「神野神社」。

ここでは毎年、年越しの祭りが行われており、今年は我が家も初参加してきました。

ちょうど神社に着いた時に新年を迎え、夜空に何発もの花火が上がりました。

神社の境内に入ると、ものすごい人の山。

神野神社で年明け

たくさんの人が参道を埋め尽くし、長蛇の列を作っていました。

人ごみを掻き分け掻き分け進んで行き、やっとこさ本殿へ。

ここで今年最初に会う第一川西町民に遭遇。

暗闇に浮かぶ白いマスク、これは「デストラーデさん」じゃないですか。

聞けば、毎年参加しているとのこと。

新年のご挨拶をして振り返ると、獅子舞が行われていました。

神野神社で年明け

他にも、踊りや演奏などの催しもあり、時間を忘れて楽しめるお祭りでした。

神野神社で年明け

うどんや汁物などの炊き出しも振舞われ、中でも「カッポ酒」(日本酒を竹筒に入れ、火で燗したもの)は冷えた体には最高の味。

忘れられない年越しになりました。


2013年1月 1日 (火)

あけましておめでとう

あけましておめでとう
皆さん、あけましておめでとうございます。

本年もどうかよろしくお願いいたします。

ってことで、只今毎年恒例の家族行事、アイススケートに来ています。

さぶっ。

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »