無料ブログはココログ

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月29日 (月)

祝甲子園出場

丸亀高校が悲願の甲子園出場を決めました。shine


昨年の決勝戦で最後のバッターになった車谷君が主将になり、素晴らしいチームを作り上げました。lovely


飯山少年野球クラブ出身ということもあり、彼の発する言葉の端々に息子のチームでよく耳にする言葉が出てきます。


「練習は嘘をつかない」

「野球の神様はちゃんと見ている」


小学生の頃から全体練習の無い日も毎日グランドでノックを受けていたとのこと。


父親譲りの熱いハートは、彼のプレーを見る人の心に感動を与えてくれました。


甲子園でもきっと私達に野球というチームスポーツの楽しさを見せてくれるでしょう。shine



セカンドを守る河本君は、私の同級生の息子。


お父さんも丸亀商業のエースとして甲子園のマウンドに立ちました。baseball


親子二代にわたっての甲子園出場という快挙。lovely


友人として誇らしく思います。good


今年の甲子園は「丸高旋風」が吹き荒れることを期待していますsign01




さて、我が息子の所属する少年野球はというと、「選手権大会」の真っ最中。baseball


昨日の準々決勝では「古高松ブルースターズ」と対戦し、10-1で5回コールド勝ち。happy01


準決勝へ駒を進めました。good


低迷していた打線もようやく復活の兆しが見え始め、今週末からの九州遠征「第30回筑後川旗西日本学童軟式野球大会」に向けて活気付いてきました。flair


6年生はまだ野球ができる喜びを噛み締めながら、残り少ない学童野球を悔いの無いように一戦一戦戦って欲しいと願っています。


今年最後の公式戦「選手権大会」は絶対笑って終わろうなsign03

2013年7月17日 (水)

夏真っ盛り!

暑い日が続きますね。sun


みなさん、お身体には気をつけてくださいね。happy01





中3の長女と中1の次女は市総体で優勝し、県総体へ進むことになりました。scissors


長女にとっては最後の大会。


高校では違う分野にチャレンジしたいとのことで、小2から始めたバレーボールも県総体で一区切り。shine


悔いを残さず、全ての力を出し切って欲しいと思ってます。good




息子の少年野球は「選手権大会」の真っ最中。baseball


現在、ベスト16まで勝ち上がっています。good


先日の3回戦では、久々のスタメンフル出場。shine


少しは戦力になってるんかなぁ。coldsweats01


1・2回戦ではケガ人以外は全員出場し、次期新チームのための経験を積みながら戦っています。good


先日、8月に福岡県久留米市で行われる「筑後川旗西日本少年野球大会」への出場というビッグなプレゼントをいただきました。present


同大会に出場予定だった「多肥ハリケーン」さんが四国チャンピオンになり、四国代表として札幌へ行くことになったための代替派遣ではありますが、それでも香川代表として胸を張って臨みたいと思います。shine


これからは日程も厳しいものがありますが、一致団結して暑さを吹き飛ばしてやろうとみんな頑張ってますsign03

2013年7月 1日 (月)

西讃大会優勝

丸亀・善通寺・仲多度・三豊・観音寺各地区に所属する全28チームが出場した「西讃大会」最終日。

6月30日に三原球場にて準決勝2試合・3位決定戦・決勝戦が行われました。

我がチームは準決勝第1試合を1-0で勝ち、前年度シニアチームに続き2年連続の決勝へ進みました。

決勝戦の相手は「竜川ドラゴンズ」さん。

私は試合途中から観戦。

選手権大会へ向け、弾みをつけるためにも負けられない大会の決勝戦。flair

マウンドには5年生左腕のSYUNが立ってました。coldsweats02

5-0でリードしてましたが、徐々にタイミングを合わされ2失点。

しかし、バックも好守備で助けて5回2失点の好投。good

失点後もすぐに点を取り返し、最後はエースSOHKIが締めて9-2で勝利sign03

昨年度の飯山シニアに続き、2連覇達成です。lovely

西讃大会優勝

決勝戦では途中から控えの選手も全員出場。

4年生も好プレーを連発。

全員で掴み取った優勝でした。happy01


結果

優勝  飯山少年野球クラブシニア

二位  竜川ドラゴンズ

三位  豊浜少年野球

西讃大会優勝

昨年は銅メダルでしたが、今年は一番いい色。shine

西讃大会優勝

優勝おめでとうsign01

選手権大会も絶対優勝しようなsign03happy01

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »