無料ブログはココログ

« 第30回筑後川旗西日本学童野球大会 | トップページ | 夏休み総括 »

2013年8月 7日 (水)

再会は甲子園で!

「高校3年生の夏、甲子園で再び会いましょう!」という選手宣誓で始まった「筑後川旗西日本学童野球大会」。

1回戦が3日に行われ、我が飯山少年野球クラブは地元「金丸ブルースカイ」さんと対戦。

結果、7-9で敗れました。


甲子園で会おう!

初回に1点先制されるも、その裏すぐに逆転。

3回までに6-1とリードし、優位に試合を進めていましたが、中盤からは相手打線の猛攻で同点、逆転と試合をひっくり返されてしまいました。

甲子園で会おう!

香川県内ではこれほどまでに打ち込まれた記憶はありません。

全員が腰の座った鋭い振りで、打球はピンポン球のように飛んでいきます。

何本外野の頭を越されたでしょうか…。

県内ではそこそこ上位に入る力はつけたと思っていましたが、やはり日本は広い!

もっともっと広い視野で物事を見ていかなければ…。

遠征でのコンディションの整え方、アップの時間配分など、普段とは違う状況での試合ということで、非常に勉強させてもらえた九州遠征となりました。





今回の遠征に際してたくさんのお祝いや激励の言葉をいただきました。

試合では結果を出せませんでしたが、子供達は全国レベルを肌で実感し、たくさんの収穫を得て帰ってきました。

残る「選手権大会」「四国学童」ではこの経験を活かして戦ってくるつもりです。


また、大会関係者の方々、ホテル、バス会社の皆様には大変お世話になりました。

そして、出場した全チームの子供達、高校生の夏甲子園できっと再会しましょうsign03

« 第30回筑後川旗西日本学童野球大会 | トップページ | 夏休み総括 »

コメント

お疲れ様でした。佐世保地区は県立佐世保実業高校が甲子園出場してますが、野球レベルの高い地区多分今回の大会も審判は高校の公認審判だと思います。何年か先に甲子園出場したら何人かと会うと思います。後は県内の選手権を取って下さい。

孫の応援団長さん
九州へ行って何より驚いたのが、野球が地域に根付いていること。
街の中の公園に学童野球用のグランド(野球場と言うべきかも)があったり、久留米市内だけでも約40チームもの学童野球チームがあったり…。
香川県内のほとんどの公園はキャッチボールすら禁止されているというのに。
行政・観光業界など、街を挙げて野球というスポーツを盛り上げていることは素晴らしいことです。
それと、中学1年生になった学童野球OBの父兄は、お世話になった学童野球への感謝ということで、1年間は審判として学童野球に残るそうです。
それにより、香川県のような相互審判制というものは存在しないそうです。

こういった取り組みが良い選手を輩出している要因なんだと思います。
「野球王国香川」復活にはお手本になる街なのかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1472588/52781077

この記事へのトラックバック一覧です: 再会は甲子園で!:

« 第30回筑後川旗西日本学童野球大会 | トップページ | 夏休み総括 »